これからのリンパ節は「溶かす」「簡便」「見逃さない」

この度、シスメックスは大腸癌の摘出臓器周辺のリンパ節を見つけやすくする製品ImofullyTMを発売いたしました。只今、試用品(サンプル)をご提供しております。是非この機会にお試しください。

ImofullyTMの特徴

  • 不要な脂肪を溶解させることによって、組織内のリンパ節が見つけやすくなります。
  • 37±5℃の湯浴中に60分静置するだけ。
  • リンパ節のHE染色性に影響がないとの結果が出ています

*大阪府立成人病センター様との共同研究より

ImofullyTMによるリンパ節分離までの手順

脂肪組織の中に埋もれたリンパ節を触診で正確に検索するには、経験と時間が必要とされています。

「ImofullyTM」は腸管由来の脂肪組織に酵素処理を行うことで、リンパ節や脈管以外の余分な脂肪を除くことができ、容易にリンパ節を可視化できる新しい手法です。(大腸癌患者より摘出した腸管由来の組織からのリンパ節検索補助試薬です。)

ImofullyTMの使用手順

ImofullyTMの使用手順は6つのステップからなります。摘出組織の脂肪溶解に要する反応時間は60分です。

STEP1ご準備いただくもの

  • Imofully
  • ウォーターバス
  • ポリ袋
  • 精製水
  • シリンジ/注射針 ※必要に応じて
  • ガーゼ
  • はかり ※必要に応じて

STEP2ImofullyTMの調製

ImofullyTM(凍結乾燥状態)に、50mLの精製水を加えて転倒混和します(調製後は2~8°Cにて保管し、12時間以内に使用してください)。

Imofullyの調製

STEP3摘出組織に馴染ませる

方法① 摘出組織に直接注入する

摘出組織に本品を直接注入します(脈管沿いに複数箇所)。その後、空気を抜きながら密封し、袋ごと試料を数回軽く揉みます。

  • 方法①
  • 方法②
摘出組織に馴染ませる

STEP3摘出組織に馴染ませる

方法② 摘出組織を分割後、本品と馴染ませる

3cm角程度の大きさに分割した摘出組織をポリ袋に入れたのち、空気を抜きながら密封し、袋ごと試料を数回軽く揉みます。

  • 方法①
  • 方法②
摘出組織に馴染ませる

STEP437±5℃で60分静置

37±5℃の湯浴に、ポリ袋ごと試料全体が漬かる様に60分静置します。

37±5℃で60分静置

STEP5リンパ節の採取

60分後、ポリ袋から摘出組織を取り出して広げます。ハサミやピンセット等を用いて、リンパ節を採取します。

※必要に応じて、ガーゼで試料表面を拭き取り溶け残った脂肪組織を取り除いてください。

リンパ節の採取

STEP6廃棄物の処理

本品や試料を溶解した液の入ったポリ袋などは、各ご施設の廃棄物に関する規定に従い医療廃棄物として処理してください。

廃棄物の処理

ImofullyTMの効果

ImofullyTM処理前後の試料イメージ

ImofullyTMにて処理を行うと、不要な脂肪組織が溶解され、リンパ節や脈管構造が識別しやすくなりました。

  • Imofully処理前ImofullyTM処理前
  • Imofully処理後ImofullyTM処理後

ImofullyTM処理後のHE画像

処理後のHE染色においても通常通り診断可能な組織像を確認できました

HE画像

*大阪府立成人病センター様との共同研究より

<関連文献>
Fujino S, et al. New enhanced and effective method for staging cancer to detect lymph nodes after fat-dissociation. Oncol Rep. 2014. 32:922-6

先頭に戻る